100均のスケルトンブラシ

カラーやパーマの繰り返しと、サーフィンで何度も海に入るので、髪の毛が極度に痛んでいました。
海に濡れてしまうといつも指が通らなくなり、櫛で髪の毛を梳かそうと引っ張るとゴムのように伸びて、途中でプチンと切れては枝毛になってしまうのが悩みでした。
いつも暗い色でカラーしても、どんどん海の潮と日差しで明るくなってしまうし、ロングに伸ばした髪は枝毛があり、トリートメントを繰り返しても回復の兆しはありませんでした。しかし、それでも髪を切るのは嫌だったので、何とか痛めずに髪を洗い乾かすことができないだろうかと考えて居ました。

そこで出会ったのが、100円均一で打っている、どこにでもありふれた目の粗いスケルトンブラシです。
今まで目の細かい櫛を使って、ギシギシ力一杯伸ばしていたのですが、スケルトンブラシは目が粗いので、絡まった部分もあっというまに解けて、力を入れながらブラッシングしなくてよくなった分,髪の毛に負担がかからなくなりました。
最近は応用して、シャンプーのあと、洗い流さないトリートメントをつけてから、軽くスケルトンブラシでブラッシングして乾かすようにしています。すると、ほとんど髪が絡まることなく、ゴムのように伸びることも、途中で髪の毛がブツブツ切れていくような感覚もなくなりました。
PAK93_sumikkodehawomigaku20140322500-thumb-600x900-4366
目の細かい櫛のほうが使い勝手がいいと思っている人は結構いるんじゃないでしょうか。
私自身、目の粗い櫛はもっておらず、さらにブラシタイプがこんなに使いやすいものだとは思いもよりませんでした。髪の毛の絡みを解くだけでも、その後の髪のダメージや、ヘアスタイリングが変わってくると思います。やはりできることなら、ダメージのある枝毛だらけの髪ではなく、艶々でキレイな髪の毛でいたいものです。
スケルトンブラシは100均一でも打っているくらい身近で簡単に安く手に入れることが出来ます。いつものお手入れのプラスアルファに一本もっておくことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>